• このエントリーをはてなブックマークに追加

宣伝として使える名入れエコバッグはポーチに入れられるものを

宣伝目的で粗品をお渡しするような場合、あとあとまで使ってもらえるもので、企業名などが入れられると効果が高いでしょう。名入れが可能で、多くの方に使ってもらえるアイテムとしてエコバッグが挙げられます。そのため、多くの世代や性別の方にお渡しするような品物であれば、こうしたものにしておくのが良いでしょう。種類や大きさがたくさんありますが、ポーチにいれられる大きさのコンパクトなサイズのバッグを選べば、実際に使う方にも重宝されますので、長く使ってもらえることでの宣伝効果も大きくなります。ぜひこうしたアイテムを候補に入れて準備をしていきましょう。

誰もが使える便利なアイテムであることがポイント

宣伝として多くの方に受け入れられるためには、まず相手の必要なものでなければいけません。受け取ってもらう事すらできなければ意味がないからです。その点、エコバッグであれば幅広い年代や性別の方に使ってもらいやすいものなので、受け取ってもらえるハードルが低くなります。さらに外出時に使ってもらうことができるアイテムでもあるため、他の人の目に触れる機会も増えるのです。 日常で活用してもらいやすいアイテムは、なんとなく愛用されることも多いものです。名入れもさりげなく入れておく程度でも、目に入る機会が多いので効果が高いでしょう。バッグ自体の色や柄などと合わせて、常に持ち歩きたいようなデザインのものに仕上げ、便利なアイテムとして使ってもらうことが効果を増すポイントです。

より便利に使ってもらうための工夫をしよう

エコバッグはもともと使ってもらいやすい便利さを備えたアイテムですが、工夫次第でさらに便利なアイテムになります。畳んでカバンの中などにしまう事も多いので、ベルトなどがついていて小さくたたんで止めておけるものやポーチなどに入れられるものなどがおすすめです。使わない時には小さなポーチ型になっていて、カバンの中などにさっと入れておけるようなものなら、常に持ち歩いてもらい使ってもらう事もできるようになります。 重いものを入れることがあるので丈夫な生地であるという事は重要なポイントですが、あまり大きくなりすぎないように気を付けましょう。大きくなってカバンに入らなくなると使ってもらえなくなってしまいます。こうしたポイントに注意して、より便利に使ってもらえる品物にしていきましょう。