• このエントリーをはてなブックマークに追加

エコバッグにオシャレなデザインで名入れ

一年間に1人が買い物などで受け取るレジ袋は、約200枚程と言われています。 レジ袋は製造される時も、また不要になり、リサイクルあるいは処分する際にも二酸化炭素を排出します。 環境問題が取り出されている今、少しでも環境や資源の問題が良くなるようにと使われ始めたひとつに エコバッグがあります。 常に持ち歩いて入れば、レジ袋を貰わずに済みますし、地球環境にも良い影響を与えます。 レジ袋の有料化も進み、段々と使われる機会も増えてきていますが、イベント会場や本の付録などで 名入れされた可愛らしいデザインもたくさん用意されており、 無料で配られる事が多いのも特徴で、サイズや形も豊富にあるので、 利用者も用途に合わせて使い分けたりと使い勝手が良い面でも人気があるようです。

名入れのデザインは宣伝効果もある

最近では、ブランドショップでも購入した商品を入れて渡してくれる場合もあります。 ブランドショップのデザインされた名入れが入っているだけでも、オシャレ感は増しますから、 普段、ちょっとした荷物を入れて手提げバッグとして使うにも最適です。 イベント会場などで配られたものにも、企業名は入っていたりしますが、硬いデザインではなく 人気キャラクターや可愛らしいイラストが描かれている為、 日常でも使えるようなデザインが多いのも最近の流行りではないでしょうか。 企業側としても大量に制作し配布する形をとっても、その後に日常的に持ち歩いて貰えれば宣伝効果も 期待できる事でしょう。 貰う側も配る側もそして地球の環境に関しても、エコバッグが使われる事にはたくさんのメリットがあるのです。

エコバッグの素材にはこの2種類が人気

不織布タイプは、大量生産が可能で、単価も安いのが特徴です。 軽くてシワになりにくいので、収納する場合にも場所は取りませんし、小さく畳んで持ち運ぶにも便利です。 イベント会場などで、費用を抑え、多くの方々に配りたい場合に大変便利です。 コットンタイプは、無漂白の綿を利用していますので、エコアピールするには適していると思います。 自然な色合いも人気で、性別に関係なく使うことができるでしょう。 小物を入れられる巾着サイズから、手提げ袋として使えるサイズのほか、肩からかけられる大きめのサイズ までサイズも豊富にあります。 汚れても、洗って何度でも使えるのもエコに繋がるのではないでしょうか。 100円均一でも売られている事が多いので、無地の袋にお子さんが絵を描いて使っている主婦の方も 居るように使い方次第で楽しむこともできます。