• このエントリーをはてなブックマークに追加

名入れをしてオリジナルエコバッグが注文できる

エコバッグは、レジ袋の代わりに使われるお買い物用のバッグです。使い捨ての袋の代わりに使うことで、資源の枯渇を防ぐこともできますし、環境にも優しいでしょう。また、荷物が多くなりそうな時に用意して、サブバッグとして使い、多くなった荷物の持ち運びに使うこともできるでしょう。 もらっても困らないですし、使える範囲が広いことから、販促品やノベルティグッズとしても使えるでしょう。メーカーでは社名を名入れしてオリジナルバッグの作成を請け負う所もあります。最寄りに受付している所がなければ、インターネットサイトを開設しているメーカーも多いので探してみるといいでしょう。材質や形状が様々ですので、見積もりを取って比較して見ることを勧めます。

人気のオリジナルバッグの形状と素材

販促品やノベルティグッズとして人気のエコバッグは、A4サイズのシンプルな形のトートバッグです。手提げとしても使えますし、持ち手生地の長さによっては肩にかけることも可能な場合があり、とても使いやすくなっています。トートバッグは生成りの生地が好まれますが、カラーも多く揃えられているので、企業のロゴを目立たせる色を選択しても構いません。企業の説明会やセミナー等でパンフレットを入れて渡したり、マチ付きの物であれば厚手のカタログを入れて渡すこともできるでしょう。 バッグの素材としては、コットン素材が用いられることが多く、薄手の物から厚手のキャンバス地を使った物まで様々でしょう。通常は薄手の物でも構いませんが、厚みのある比較的重量のある物を入れて渡すのであれば、キャンバス地の方が相応しいことがあります。不織布は薄手でほつれずに加工が楽なことから人気があります。枚数の少ない書類や小冊子を入れるのに丁度良いので、セミナーなどの資料の配付で使われることも多いです。

オリジナルバッグのデザインや入稿

エコバッグに企業名などを入れる場合は、比較的バッグの広い面に名入れが可能になっているので、大きめに入れれば、広告や宣伝にも効果的な場合があります。入稿する場合は、名入れをする範囲が決められていますので、その範囲内になるように注意してください。持ち手部分に入れるのは難しいでしょう。 通常、オリジナルデザインにする場合は納期が1週間ほどかかる所が多いです。早く納品してもらいたい場合は、追加料金を支払って2営業日で仕上げてもらうこともできるメーカーもあります。1つ注意したいのは、入稿データに不備があった場合に、確認のため保留になり結果的に納品が遅れてしまうケースもあります。指定されたソフトを使っているか、印刷する範囲等の設定に間違いがないか等を、入稿前に確認するように気をつけてください。メーカーサイトで入稿用のテンプレートが用意されている場合は、使うようにした方が間違いがないでしょう。