• このエントリーをはてなブックマークに追加

宣伝効果がある定番の販促品、名入れエコバッグ

企業では販促品を配って売上や業績を伸ばそうとすることもありますし、年末年始の挨拶代わりや顧客へのお礼の気持ちを込めて、ちょっとした品物を配ることもあるでしょう。もしくは、特別な記念品として利用者の方に配るということもあります。
もし、販促品に何を使ったら良いか迷っている場合は、企業の名入れをしたエコバッグを選んでみてはいかがでしょうか。近年では、レジ袋を有料化しているスーパー等の小売店も多いですし、買い物袋を持参すると割引される企画をしている店舗もあります。多く持っていても困らないと思われます。また、企業名を入れておけば、バッグを利用している方に会社の宣伝もしてもらえることもあります。企業名とともにイラストも入れられますので、お洒落に演出することもできるでしょう。

どのようなバッグが定番になっているか

販促品で用いられるエコバッグは、トートバッグ型がよく使われています。トートバッグ型は、角形やバケツ型で丈夫なコットンやポリエステル素材のことが多く、丈夫な生地なことが特徴です。厚手のキャンバス生地が使われている場合は、カタログや書籍等の重さがある物でも入れられます。セミナーや説明会等で、パンフレットなどの薄い冊子を入れて持ち帰りように配る場合は、不織布のトートバッグが利用されることもあるでしょう。サイズはA4程度の物が定番で人気があります。
シンプルな物もありますが、メーカーによっては、入れ口にファスナーが付いて中身を見えにくくしてある物や、持ち手を長めにして、荷物が多くなった時に肩からかけられるように配慮しているバッグも注文できることがあります。マチ付きの物も取り扱いがある場合がありますし、色つきの生地を選ぶことも可能な場合があります。

名入れをする際の注意と使用するソフト

A4サイズのエコバッグは、バッグの表面が比較的大きいので、名入れができる部分も広く取ることができるでしょう。企業名だけでなく、大きなロゴマークも入れられますし、イメージキャラクターがある場合は、大きくイラストを入れて、インパクトを与えることもできるでしょう。
イラストを入れる際に問題となるのは、デザインの入稿です。インターネットサイトから業者に依頼する場合には、作ったデザインデータをサイトから送信して注文できますし、企業サイトの中には、ファクスでの入稿に対応できる所もまれにあるでしょう。インターネットを使って入稿する場合には、ビジネスソフトのファイル形式でも可能な所もありますが、所定の画像処理ソフトのファイル形式でないと受け付けられない場合がありますので、注意してください。